霊障害

霊スポット

霊とは、誰もが不気味なところと感じる場所が比較的多いのですが、例えば墓地や、自殺の名所、樹海、岬、橋、トンネル、峠、不戦場跡地など、霊が出ると噂がある場所や、学校や病院の跡地といったいわゆる廃噓と呼ばれる建物、あるいは過去に忌まわしい事件、事故が起こった場所などが心霊スポットと言う場所です。
そのような場所には、遊び半分では、行かない様にして下さい。

霊障害・霊現象の見分け方

病院で原因不明と診断された。

 

何年も病院にかかっているのに良い改善の見込みが無い場合。

 

どこの病院に行っても治らず、薬を飲んでも変わらない場合。

肩こり、腰痛、体長不良が長期にわたって続き治療や薬の効果が無い場合。

何をしても上手く行かない。空回りやタイミングのズレ

ラップ現象などは人間が近づくと音が消える。

霊障害・霊現象・怪奇現象

霊障害、霊現象、径奇現象は、自らか起こした原因もありますが、それだけではなく、前世、先祖、生霊(逆恨み)、神様の怒り、理不尽な憑依(ひょうい)などがある事をご理解した上でお読み下さい。
霊障、霊現象、霊障害、怪奇現象の簡単な判断方法は、今の自分や家族に原因不明の病気や不幸な出来事、異変、があるか?自分自身が幸せと思えるか?良く冷静に観察してみて下さい。

 

霊障・霊現象・霊障害・怪奇現象を受けた場合の例です。

病院で原因不明と診断された。

 

何年も病院にかかっているのに良い改善の見込みが無い場合。

 

どこの病院に行っても治らず、薬を飲んでも変わらない場合。

肩こり、腰痛、体長不良が長期にわたって続き治療や薬の効果が無い場合。

何をしても上手く行かない。空回りやタイミングのズレ

家の中で物の位置が変わったり、誰も居ないのに人の気配がする。

家族間、夫婦間、兄弟、姉妹の喧嘩やトラブルが絶えない。

買い物依存症、色状症。

昼間眠くなる時がよくある。

原因不明の痛みや病気が長く続づいている場合。

睡眠中に嫌な夢を見たり誰かが覆いかぶさってくるような気がする。

金縛りにあったり、足を引っ張られたり首を絞められているような感覚がある場合。

肩や背中、腰などが重く異常に凝っていて、誰かが乗っているような感じがする場合。

交通事故にたて続けに遭い、不幸が相次いで起こる場合。

引越しをしてから運気が低迷し不幸などが続く場合。

いじめや子供の問題

上記の事が考えられます。気になる方は一度霊視鑑定をお勧めします。

 

電話をかける